やさしく可愛い印象を作るための目元メイク技術とは

クールな印象も捨てがたい、だけれど好きな人の前では可愛らしい印象を与える目元メイクでデートをしたい、そんな乙女心もありますね。
いつもクールにアイライナーやアイシャドウのカラーを選んでいる女性は、そんな時どう目元メイクをすれば良いのでしょうか?

女性は目元のメイク1つでガラリと印象が変わりますから、クールなイメージも、可愛らしいイメージも、どちらもマスターしておきたいものです。

まず可愛らしい印象を作るためにはアイシャドウの色を変えてみましょう。
いつも無難なブラウンや、クールなイメージのグレーなどを使っていませんか?
可愛らしい印象を植え付けるためには薄いピンクやオレンジが効果的であると言われています。
まずピンクなど扱ったことがない、と言う女性にとっては似合うの?
と思うかもしれませんが、ピンクは意外と肌馴染みもよく、発色の良いものも多いので、けばけばしくなければ意外に使いやすいカラーです。
またオレンジも肌馴染みが良いカラーなので、無難に使うことが出来ます。

ピンクのアイシャドウは若干薄めに入れます。
まぶたの全体に入れるのは避け、ピンポイントで目のキワだけに入れると良いでしょう。
それだけで見違えるように可愛らしい印象を描くことが出来ます。
もしキワ全体に引くのが恥ずかしいと思うのなら、目じりだけにピンクのアイシャドウをチップで細く入れるだけでOKです。
この場合はアイライナーは引かない方が良いでしょう。
オレンジの場合はまぶた全体に入れても構いませんが、入れすぎるとまぶたが腫れぼったく見えてしまいますから、やはり薄く入れ、ピンポイントに目尻のキワに強めに入れると良いですね。

アイライナーは細く引き、若干目尻から垂らして描きます。
こうすることで垂れ目の印象を描くことが出来ますから、愛らしい目元になることが出来ます。
また、黒目の部分を少し太めに引くと、黒目が大きく見えますから、不自然にならない程度に黒目部分のアイライナーは若干太く引くとポイントアップです。

このようにアイシャドウのカラーとアイライナーの引き方1つでやさしくも可愛らしい印象の目元に近付くことが出来ます。
試したことのない色だと思っている女性は、一度自宅で挑戦してみましょう。