一重や奥二重でも目元メイク次第でパッチリ目元になれる

一重さんや奥二重の場合、いくら目元メイクを頑張っても、腫れぼったく見える、野暮ったく見える、なんとなくイメージにしっくりこない・・・と悩んでいることでしょう。
一重や奥二重の女性でも目元をぱっちりと見せるメイク術はあるのでしょうか?

まずアイシャドウの色のチョイスは大切です。
ブラウンもしくはブルー、薄いオレンジやグリーンが一重や奥二重の人には向いています。
スッキリと目元を見せることが出来ますし、あるいは温かく見せることが出来ます。

アイシャドウを使う場合はブラシではなく、指でアイシャドウを取り、まぶたに馴染ませていきましょう。
その際、眼球のくぼみ部分に使っているパレットの中間色をくぼみから目尻に引いていきます。
その後、目のキワには一番濃い色を乗せます。
下まぶたにも一番濃い色を、黒目部分から目尻に入れるようにしましょう。

薄いオレンジを使った場合なら、温かい印象になりますし、グリーンやブルーを使えばクールなイメージになります。
目尻に濃い色を乗せることで、よりはっきりした目元に見せることが出来ますよ。

また涙袋にゴールドやシルバーのラメのアイシャドウをチップで乗せると、より一層煌びやかに見せることが出来ますから、上まぶただけでは物足りないと思っている一重や奥二重の女性は、ラメのアイシャドウを涙袋に入れてみるのも良いでしょう。
より一層ラメの錯覚で目を大きく見せることが出来ます。

さらにロングラッシュなどのマスカラを使う方法もあります。
繊維が入ったマスカラのことで、ひと塗りすれば繊維がまつげに付き、まつげをさも伸ばしたかのように見せてくれるアイテムです。奥二重の女性はなかなかまつげを長く見せることが出来ないと言うのが悩みだという人も多いので、繊維の入ったマスカラで対応しましょう。

もしくは、つけまつげを使うと言う最強の方法もあります。

つけまつげは一重でも奥二重の女性でも、目元をぱっちりと見せてくれるアイテムです。
ボリュームを出したい目尻を中心に考えてつけるようにしましょう。
つけまつげを付ける場所は、まつ毛の生え際から2㎜ほど離した所です。
つけまつげと自分のまつげの間はアイライナーで埋めます。
これで、もう一重も奥二重の女性でもぱっちり目元を作ることが出来ますね。