目元メイクの化粧崩れを予防して丸一日キープする方法

朝のメイク時には目元ばっちり、キレイなラインにアイシャドウ。
いざ出勤・・・となっていても、何故かお昼には目元のメイクがヨテてパンダ目になっている・・・。
なんてことはありませんか?
目元メイクの化粧崩れはどうして起こってしまうのでしょうか?
目元メイクの崩れを予防して1日中キレイな目元で過ごしましょう!

実はウォータプルーフのマスカラを使っていても目元が黒くにじむことがあります。
ウォータプルーフは水や汗には強いのですが、油分には弱いと言う欠点があるのです。
アイシャドウも摩擦や汗などでヨレてしまいますね。
これを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

まず肝心なのがベースメイクです。
汗や皮脂に強い下地を使う、ファンデーションも汗を吸収するタイプが良いですね。
そしてあまり厚塗りをしないことも大切です。
あくまで薄く、目のキワまでしっかりファンデーションは塗りましょう。
そしてパウダーならさらさらですが、リキッドタイプを使っている場合は、お粉でサラサラに仕上げておく必要があります。
お粉を乗せることにより、お粉が水分や油分を吸い取り、化粧崩れを防いでくれます。

更にアイシャドウはパウダリータイプを選ぶことが必要ですね。
油分の少ないパウダータイプのアイシャドウはファンデーションの油分を抑えてくれる役割を担ってくれます。
これにより目元の化粧崩れも防ぐことが出来ます。
肝心なのは、下まぶたの涙袋です。
涙袋にもしっかりアイシャドウを入れましょう。
涙袋にも油分がありますから、キワにチップで細く乗せることが大切です。

また、マスカラを塗りすぎるのもNGです。
塗る前にはしっかりビューラーでまつ毛をカールさせ、必要以上にマスカラを重ね塗りするのは避けましょう。
油分に触れるとマスカラは滲みますから、ファンデーションや皮脂の摩擦を避けるためにもマスカラは必要以上に重ねて塗るのは厳禁です。

アイライナーが滲む場合はリキッドやフィルムタイプがオススメですね。

アイライナーを描いた上からアイシャドウを重ねて塗ると、アイライナーの滲みもなくなりますから、是非実践してみましょう。